〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1
新大手町ビル1階、地下1階、地下2階

03-3516-7151

医師紹介

神経内科 Doctors of Neurology 診療科紹介はこちら

山本 悌司 Teiji Yamamoto

医療法人財団 健貢会 東京クリニック 神経内科

山本 悌司(やまもと ていじ)

水野 美邦 Yoshikuni Mizuno

医療法人財団 健貢会 東京クリニック パーキンソン病外来

主な専門医資格
  • 日本内科学会 認定医
水野 美邦(みずの よしくに)

略歴

1965年 東京大学医学部卒業
1967年 東京大学医学部附属病院神経内科 入局
1969年 ノースウェスタン大学 レジデント
1973年 自治医科大学 講師(神経内科)
1989年 順天堂大学 教授(神経内科)

所属学会・資格

  • 日本内科学会

  • 日本Movement Disorder and Parkinson病学会
  • 日本神経学会 名誉会長
  • Movement Disorder Society 名誉会長
  • 日本神経学会 名誉会長
  • Movement Disorder Society 名誉会長
  • 日本内科学会 認定医
詳細プロフィールを表示

五十嵐 久佳 Hisaka Igarashi

北里大学医学部神経内科 客員教授
医療法人財団 健貢会 東京クリニック 頭痛外来
富士通クリニック 頭痛外来

主な専門医資格
  • 日本頭痛学会 認定専門医・指導医
  • 日本頭痛学会 理事・専門医・指導医
  • 日本脳卒中学会 専門医
五十嵐 久佳(いがらし ひさか)
片頭痛の新しい予防薬 エムガルティ
についてはこちら

ごあいさつ

繰り返す頭痛で困っていらっしゃる患者様はとても多いと思いますが、的確な診断と治療により多くの方の症状が改善します。頭痛のために生活に支障をきたしている人や、頭痛薬を飲みすぎている人は専門医を受診してください。

略歴

  • 北里大学医学部卒業(1979年)
  • 英国The City of London Migraine Clinicにて研修(1989年)
  • 北里大学医学部神経内科講師
  • 宮内庁病院内科医長
  • 神奈川歯科大学内科学講座教授

現職

  • 北里大学医学部神経内科 客員教授
  • 医療法人財団 健貢会 東京クリニック 頭痛外来
  • 富士通クリニック 頭痛外来

所属学会・資格

  • 日本神経治療学会
  • 日本産業衛生学会
  • 国際頭痛学会
  • 米国頭痛学会

  • 日本頭痛学会 認定専門医・指導医
  • 日本頭痛学会 理事・専門医・指導医
  • 日本脳卒中学会 専門医
  • 日本内科学会 認定医
  • 日本老年医学会 専門医
  • 日本医師会 認定産業医・健康スポーツ医
詳細プロフィールを表示

大澤 美貴雄 Mikio Osawa

医療法人財団 健貢会 東京クリニック ボツリヌス神経治療外来

主な専門医資格
  • 医学博士
  • 神経学会 指導医・専門医
  • 日本内科学会 指導医・認定内科医
大澤 美貴雄(おおさわ みきお)
ボツリヌス治療を受けられる方へ

当院では、以下の臨床研究を実施しております。本研究の対象者に該当する可能性のある方で診療情報等を研究目的に利用または提供されることを希望されない場合は、下記の問い合わせ先にお問い合わせ下さい。

(令和3年11月11日)

研究の方法

研究課題名(受付番号/承認番号)

痙性斜頸のボツリヌス治療における針筋電図検査の有用性

研究責任者(所属・職位)

大澤美貴雄(東京クリニック ボツリヌス神経治療外来、部長)

他の研究機関および各施設の研究責任者

飯嶋睦(東京女子医科大学 脳神経内科 臨床教授、分担研究者)



本研究の概要・背景・目的

頭頸部筋は、機能の類似した筋が複数あり、また表在筋のみならず深部筋も有するため、痙性斜頸の原因筋評価は、視・触診のみでは困難である。痙性斜頸に対するボツリヌス治療効果の向上を目的として、頭頸部筋の針筋電図検査の有用性を検討します。

調査データ該当期間

研究期間は2021年11月1日から2023年10月31日迄です。



対象となる患者さま

東京クリニック及び新百合ヶ丘総合病院のボツリヌス神経治療外来に通院する痙性斜頸の患者さんです。

研究の方法(使用する試料等)

2014年4月から2023年10月までの電子カルテに記載のある診療記録、針筋電図検査データを利用します。



個人情報の取り扱い

利用する情報から氏名や住所等の患者さまを直接特定できる個人情報は削除致します。また、研究成果は学会・論文等で発表を予定していますが、その際も患者さまを特定できる個人情報は利用しません。



本研究の資金源(利益相反)

本研究に関連し開示すべき利益相反関係にある企業等はありません。



データの利用に同意されない場合とその申し出の期限

この研究に関してデータの利用に同意されない場合には下記のお問い合わせ先までご連絡ください。なお、同意されない場合でも診療上の不利益をこうむることはありません。お申し出は2023年10月31日までにお願いいたします。



問合せ先 所属:ボツリヌス神経治療外来
担当医師:大澤美貴雄
03-3516-7151(代表)(平日:9時~17時)

ごあいさつ

個々の患者様の症状を正確に把握し、それぞれに応じたテイラーメイドのボツリヌス治療を目差しております。

略歴

1974年 東京女子医科大学総合内科入局
1983年 英国ロンドンThe National Hospital, Queen SquareのDr. A.M.Hallidayの研究室に留学、誘発電位を研究
1985年 東京女子医科大学脳神経センター神経内科に帰局
2009年 同准教授
2014年 東京クリニックボツリヌス神経治療センターに転職
2015年 日本ボツリヌス治療学会 第2回学術大会 大会長

所属学会・資格

  • 医学博士
  • 神経学会 指導医・専門医
  • 日本内科学会 指導医・認定内科医
  • 日本脳卒中学会 専門医
  • 日本頭痛学会 指導医・専門医
  • 日本臨床神経生理学会 脳波・筋電図領域指導医・認定医
  • 日本神経学会ジストニア診療ガイドライン作成委員会 委員
  • 日本ボツリヌス治療学会 理事
詳細プロフィールを表示

藤原 一男 Kazuo Fujihara

医療法人財団 健貢会 東京クリニック 神経内科

主な専門医資格
  • 日本内科学会 認定医・指導医
  • 日本神経学会 専門医
藤原 一男(ふじわら かずお)

ごあいさつ

神経内科の全般的な診療を行っていますが、特に多発性硬化症、視神経脊髄炎、その他原因不明の視神経炎、脊髄炎、自己免疫性脳症、脳幹脳炎、種々の原因による複視などを専門的立場から診療しています。
これらの疾患は、近年その診断法や治療薬の進歩が著しく、早期に診断して最適な治療を開始する必要があります。また非典型的な症状や所見のために診断や治療方針に迷うこともしばしばあります。
これまで、関東一円のみならず、東北地方や西日本からいらっしゃる患者様のご相談も受けてきました。お気軽にご相談ください。

略歴

1984年 九州大学医学部医学科卒業

2007年

東北大学教授(多発性硬化症治療学寄附講座)
2015年 福島県立医科大学教授(多発性硬化症治療学講座)
一般財団法人脳神経疾患研究所
多発性硬化症・視神経脊髄炎センター長

所属学会・資格

  • 日本免疫学会

  • 日本神経治療学会
    理事・評議員・広報委員・利益相反委員・あり方委員・国際化・創薬委員会委員長
  • 日本神経免疫学会
    理事・評議員・財務委員・国際化対応委員・英文誌(Clinical and Experimental NeuroimmunologyのEditorial Board Member)
  • 日本神経学会
    代議員・専門医・専門医認定委員会委員(2013年~2014年)
  • 日本神経感染症学会 評議員
  • 日本アフェレシス学会 評議員
  • 日本内科学会 認定医・指導医
  • PACTRIMS Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis
    Deputy Secretary, Executive Committee Member, Steering Committee Member(2008年~)
  • European Charcot Foundation
    Board Member (2013年~)
  • Multiple Sclerosis International Federation (MSIF)
    Executive Committee Member of International Medical and Scientific Board(2013年~)
  • Association of Sri Lankan Neurologists
    Honorary Member (2013年~)
  • Indian Academy of Neurology
    Honorary Corresponding Member (2015年~)
  • Hong Kong Multiple Sclerosis Society
    Honorary Fellow(2015年~)
詳細プロフィールを表示

今井 壽正 Hisamasa Imai

医療法人財団 健貢会 東京クリニック 神経内科