〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1
新大手町ビル1階、地下1階、地下2階

03-3516-7151

コロナと女性と後遺症

2021.11.11

氏名 宮元 秀昭【呼吸器外科】
経歴 秋田大学医学部卒業
社会福祉法人三井記念病院外科レジデント
国立がんセンタ-内視鏡部非常勤医師・外科研修医
社会福祉法人三井記念病院外科医局長
社会福祉法人三井記念病院呼吸器センタ-外科科長
順天堂大学医学部胸部外科学講師
順天堂大学医学部附属順天堂医院 呼吸器外科診療科長
順天堂大学医学部外科学助教授(呼吸器外科学研究室室長兼務)
順天堂大学医学部附属順天堂医院がん治療センター併任
一般財団法人脳神経疾患研究所附属呼吸器疾患研究所所長
総合南東北病院・南東北医療クリニック呼吸器センター センター長
NPO法人女性呼吸器疾患研究機構 設立 理事長就任
公益財団法人 日本医療機能評価機構 評価調査者委嘱

(以下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

コロナと女性と後遺症
女性

片頭痛の新しい予防薬 エムガルティ

2021.06.07

氏名 五十嵐 久佳【神経内科】
経歴 北里大学医学部卒業(1979年)
英国The City of London Migraine Clinicにて研修(1989年)
北里大学医学部神経内科講師
宮内庁病院内科医長
神奈川歯科大学内科学講座教授

(以下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

片頭痛の新しい予防薬エムガルティ

エムガルティをお使いの患者さんとご家族の方へ

(以下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

エムガルティをお使いの患者さんとご家族の方へ

糖尿病教室のお知らせ

2021.05.07

氏名 稲葉 佑介【総合診療科】
経歴 群馬大学医学部卒業
東京女子医科大学病院 総合診療科入局
東京女子医科大学病院 医局長

(以下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

糖尿病教室のお知らせ

腸活するなら腸内フローラ検査からはじめよう

2021.04.27

“腸内フローラ”という言葉を聞いたことがありますか?
腸内フローラとは、腸内に生息する常在細菌の集合体で私たちの腸内には約100兆個以上の細菌が住み着いています。

近年“腸内フローラ”が私たちの健康免疫力に密接に関係していることが分かり、また、腸内フローラの乱れにより様々な病気にかかる危険が高まることも分かってきました。

こんな悩みはありませんか?

「なかなかダイエットが成功しない」「お肌のトラブルがある」「食生活の乱れが気になる」「お通じ、お肌の調子が気になる」「気分が沈みがち」→こんな悩みがある方は…腸内フローラが関係しているかもしれません

この検査でどんなことがわかるの?

検査結果は下図のようなレポートにて報告致します。

検査結果レポート例1
検査結果レポート例2
検査結果レポート例3

【レポート内容】

  • 腸内フローラ判定(多様性、短鎖脂肪酸、腸管免疫、口腔常在菌)
  • 大腸画像検査おすすめ度
  • 健康長寿菌判定
  • 腸内フローラの主要細菌の割合(ビフィズス菌や乳酸産生菌など)
  • ダイエットや美容に関すること(太りやすさ、やせ菌、エクオール産生菌)
  • 生活習慣の改善ポイント
  • 管理栄養士からのアドバイスコメント

ご興味のある方・検査をご希望の方

検査料金:20,000円(税別)

03-3526-7151までお電話いただき予約状況を確認の上ご来院ください。
なお、当クリニックは 予約制となっておりますので、ご了承ください。


新型コロナウイルス感染症に対するPCR検査について

2020.09.14

氏名 稲葉 佑介【総合診療科】
経歴 群馬大学医学部卒業
東京女子医科大学病院 総合診療科入局
東京女子医科大学病院 医局長

患者さんからいただくお問い合わせの中に、「濃厚接触歴も症状もないが、新型コロナウイルス感染症が心配だからPCR検査を受けたい。」「(職場などで)陰性を証明してほしいと言われた。」という内容があります。
確かに、無症状の患者さんがいらっしゃることや、風邪と見分けのつかない軽症例もしばしば見られることが報道されているため、このようなお問い合わせをされる気持ちはよく分かります。
しかし、「PCR検査で陰性であっても新型コロナウイルスに感染していないことの完全な証明にはならない」ということをぜひ理解していただきたいと思います。
PCR検査の診断能力は、感度70%と言われています。
この解釈として、すでに感染が判明している人100人に検査を行っても70人しか拾い上げられない程度の見落としがある検査なのです。
そもそも、「何かがないということ」を証明する「悪魔の証明」は難しいものです。
例えば、21世紀の今も、「お化けがいないこと」は証明されていません。
検査を受ける過程での感染のリスクもありますし、偽陰性(実際には感染しているにも関わらず、検査で陰性となったケース)の方が感染を拡大させてしまうリスクも問題となります。
こうしたPCR検査の限界を理解した上で、不安や曖昧さと賢く付き合うことがwithコロナ時代には求められると考えます。